読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好奇と羨望の眼差し

思いつくままにだらだらと。音楽レビューとか色々好き放題に。

【電子タバコ比較】iQOS(アイコス)とploom TECH(プルームテック)使用しての感想&比較(比較編)

ガジェット

前回と前々回でIQOS(以下アイコス)とploom TECH(以下プルームテック)の個人的なレビューを行いましたが、ではどちらがオススメできるか、通常のタバコを加えて比較していきます。

 

f:id:puriketsudaimao:20170114223709j:plain

※アイコスのレビューはこちら↓

chestnut002.hateblo.jp

 

 

f:id:puriketsudaimao:20170114223708j:plain

※プルームテックのレビューはこちら↓

chestnut002.hateblo.jp

 

携帯性 

アイコス★★

プルームテック★★★★★

タバコ ★★★

これはプルームテックの圧勝、本体を充電してカートリッジを差し込み、さらにカプセルを差し込むだけで50吸いは出来ます。その間必要なのはセットしたプルームテック本体のみ、ペン1本分のスペースくらいですね。予備のカプセルを持てばもっと吸えます。1本の軽さで言うと通常の紙タバコ、1本単位で持っている人は稀だと思いますが、そのままカバンにいれておくと中の葉がボロボロとこぼれてしまいます。当然ライター・マッチも必要です。アイコスに関しては本体と充電器、加えてタバコ葉のボックスを持ち歩く必要があります。一昔前のガラケーくらいのスペースです。

 

使い勝手

アイコス★★★

プルームテック★★★★

タバコ★

電子タバコ2種のメリットの1つとして、「火をつけない」ことがあります。これは非常に大きい。火事・火傷の心配は無いし、持つ場所を気にする必要もありません(アイコスは場所によって熱い部分があります)アイコスは1本吸うごとに吸い殻が発生するし、故障しやすい点があるので減点です。 タバコは…言わずもがなですね。一本の不始末が大変な事態を招きます。

 

吸いごたえ

アイコス★★★★

プルームテック★★

タバコ★★★★

ここは個人差が出る部分ですが、吸いごたえに関してはプルームテックは数段落ちます。現在3種類しかリキッドが無いというのもありますし、どれも軽すぎる印象、1mgタバコに慣れている人には気にならない点かもしれません。その点アイコスは個人的に調度良いニコチン感です。味の種類に関しては圧倒的に通常タバコの勝利ですが、今の自分は煙を体に入れると咳と痰が発生するので、個人的に減点。

 

臭い・周りへの対策

アイコス★★★

プルームテック★★★★★

タバコ★

嫌いな人にとってはタバコの臭い&煙は最悪ですよね。これは星1で仕方ないです。アイコスに関しては煙こそ発生しませんが、独特のアイコス臭があるので万人に良い臭いでは無い点が減点。プルームテックはほぼ無臭、電車の中でこっそり吸ってもばれないかもしれません(笑)

 

コストパフォーマンス

アイコス★★

プルームテック★★★

タバコ★★★★

アイコスは本体ユニットの定価が約1万円、プルームテックは4000円、タバコはライターがあれば準備OKです。ランニングコストはどれも似たり寄ったりです。アイコスのタバコ葉は1ボックス460円、プルームテックの1ボックス(カプセル5個分)も460円、通常タバコも似たような価格ですが、銘柄によっては安くできます。消費量も大差はありませんが、若干プルームテックの方が減りが遅いかな。ちなみにプルームテックのリキッドカプセルは現状ネットでしか購入出来ません。

 

入手しやすさ

アイコス★★

プルームテック★(0でも良いかも)

タバコ★★★★★

もちろん未成年は吸ってはいけませんが、通常のタバコに関してはライター買えばすぐに使えますので、その点は最強ですね。アイコスは現在品切れが続いている状況ですが、アイコスショップで予約したり、ネット予約すれば、少し待てば入手できるみたいです。プルームテックに関しては予約すら受け付けていない状況・・気長に予約できる状況になるまで待ちましょう・・・。

 

まとめ

電子タバコに移行したいが、それなりのタバコ感を味わいたい方は現状アイコスですかね、故障は多いですが、アフターケアは素晴らしいと思います。周りの影響を考えたり、軽いタバコを元から吸っていたような方はプルームテックが良いです。カプセルの種類が少ないことと、コンビニでカプセルが買えないくらいしか死角がありません。そこそこタバコ感のあるカプセルが出てくれば自分もプルームテックのみになるかも・・。ただ現状入手が非常に困難というどうにもならない問題がありますが。煙が出ないと嫌!と言う方は通常のタバコを吸い続けましょう。火の後始末はしっかりと。

 

 

【電子タバコ比較】iQOS(アイコス)とploom TECH(プルームテック)使用しての感想&比較(ploom TECH編)

ガジェット

f:id:puriketsudaimao:20170114223708j:plain

先んじてiQOS編を紹介しましたが、今回は先週手に入れたばかりのploom TECH(以下プルームテック)を紹介します。アイコスと違って使用間もないので期間が経てば印象が変わるかもしれませんが、とりあえずレビューしていきたいと思います。

 

アイコスレビューはこちら↓

chestnut002.hateblo.jp

 

か・・・なり待たされました。

プルームテックの存在を知った時にはすでにアイコスを持っていましたが、どうやら福岡で先行発売されていて、大阪では店頭で買えるところがなかったこと。アイコスは普通にコンビニで買えたのに、日本のタバコといえばのJTなのに店頭で買えないことにビックリした記憶があります。店で買えないならネットで買うかと公式サイトを見ると・・・あれ、買えねーのかよ・・。需要と供給のバランスおかしいじゃないかよ。まぁアイコスあるし、会員登録だけしておくかと登録後しばし日が経ち、予約できたのが去年の6月、宝塚記念の予想をしているところに予約受付ますとのメールがきたので、6月は覚えています(笑)来月くらいに買えるようになるのかなと思いきや、買えるようになりましたメールが来たのがなんと12月、都合半年待たされたことになります。(途中待たせすぎてすみませんのカフェカードが届きました。相当クレームきていたんでしょうね・・)今はアイコスも中々買えないですし、電子タバコを検討している人はなかなか気持ちが切り替えられないでしょうね。この記事を書いている2017年1月現在ではプルームテックの本体ユニットは売り切れ、予約も受け付けていない状態になっています。購入したい人は会員登録して気長に予約受付メールを待つか、オークションサイトで購入するしかありません。(ちなみに自分は半額フェアの時に本体を購入したので、2000円で手に入れましたが、オークションでは15000円とか恐ろしくプレミア価格になっています。正直自分も使わずにオークション出そうか迷ってしまいました 笑)

 

※これから電子タバコの使用感のレビューをしますが、概ね8mgくらいの中間のキツさを持つメンソールタバコを吸っていた人間の感想だということでご覧になってください。

 

www.ploom.jp

 

使用感

プルームテックはアイコスと違ってタバコ葉では無く、専用のリキッドカートリッジを本体ユニットに差し込む形になっています。アイコスの場合、1ボックスの中に20本タバコ葉が入っていて、1本吸いきる時間が通常のタバコと同じくらいなので、通常タバコと同じようなペースでタバコ葉を消費していく感じなのですが、プルームテックは感覚が全然違います。簡単に使い方説明を・・。

 

まずプルームテックの下半分、上半分と見た目は変わりませんが、こっちは充電して使っていく部分です。

f:id:puriketsudaimao:20170114234341j:plain

 

これをUSBの専用充電ユニットとくっつけて、本体の充電を行います。

f:id:puriketsudaimao:20170114234418j:plain

 

セットしたらこうなります。これをUSB機器につなげて充電していきます。1時間位でフル充電されるのかな。これで1箱分は持つかと。

f:id:puriketsudaimao:20170114234456j:plain

 

ボックスを開けた中身です。左側の紫のものがタバコリキッドカプセル、右側の黒い棒が上半分です。ちなみにこのカプセルは銘柄で色が変わります。黒い棒は見た目立派ですが、5カプセル分の消耗品です。

f:id:puriketsudaimao:20170114234530j:plain

 

カプセル、カートリッジ、ユニットをセットしたら吸える状態になります!

f:id:puriketsudaimao:20170114234607j:plain

 

正直ガツンとは来ないけど、ここは個人差あり

ニコチンを体に入れた時に得る「ガツンとくる」感は控えめ、3銘柄中「紫」と「緑」の2銘柄を試しましたが、それほど来るものはありません。もしかしたらキツいリキッドが今後出るかもしれませんが、概ね1mgタバコを吸っているくらいのキツさですね。アイコスが自分には丁度なニコチン感だとすれば物足りなさは否めません。逆に1mgを吸っているような方はプルームテックの方が合っているかも。あと「紫」で言うと吸い込んだ感じ口の中にフルーティな清涼感があります。一言で言えば「フルーティな煙の出ない1mgタバコ」ですね(笑)

カプセルは50回吸い込むとなくなります。アイコスは1本14回ですから、3〜4本分で1カプセルという感じ。カプセルの中身が無くなると、新しいカプセルをはめ直すだけ、アイコスのようにヒートスティックを温めて充電して・・という一連の動作はありません。外出して持ち歩くときも5カプセル分消費しないようなら、スティックとカプセルのみ持ち歩けば大丈夫です。ちなみに吸い込むとスティックの先っぽが青く光ります。リキッドが無くなると、光る部分が点滅して交換を知らせてくれるという形になります。

 

臭い・周りの影響

煙が出ないので「煙たい」という感覚はありません。もちろん煙たがられることもありません。当然タバコ臭もありません。カプセルを匂ってもタバコの臭いしません。フリスクミンティアみたいなタブレットを匂っている感じです。アイコスと同様に吐き出すときに水蒸気のようなものが出ますが、これも見事に臭いません。たぶん電車の中で吸っても臭いではバレないんじゃないかな・・ってくらいです。車の中ではアイコスより断然こっちを選びますね。世に浸透してきたらプルームテックに関しては喫煙扱いにされなくなるんじゃないですかね。

 

現在入手は困難だが、買う価値あり待つ価値あり。

アイコスストアのようなスポットは、プルームテックには現在無いようです。あと買ったばかりなので故障無く使用できていますのでアフターケアがどうかというのは、まだちょっとわかりません。アイコスのように燃えカスがスティックに貯まるようなことは構造上無いので、メンテナンスの手間も少なく、故障も少ないんじゃないかなと思います。難を言えばカプセルの取り扱いが現在ネットのみということ。これがコンビニとかで買えるようになり、キツ目の銘柄があれば、プルームテックのみで良いんじゃないかと個人的には思います。人気があるにしても需要に対する供給があまりに少ないのはどうかと思いますが、待ってでも手に入れて損は無いですよ。転売目的じゃなくても買ってみるべきです(笑) 

 

※ケースも出だしているようですね。

 

※比較編はこちら

 

chestnut002.hateblo.jp

 

 

【電子タバコ比較】iQOS(アイコス)とploom TECH(プルームテック)使用しての感想&比較(iQOS編)

ガジェット

f:id:puriketsudaimao:20170114223709j:plain

当初は2016年に買ったものレビューとしてiQOSを紹介しようと思っていましたが、このタイミングでploom TECHを手に入れましたので、双方使用して比較レビューをしたいと思います。禁煙したいけど、中々やめられない僕みたいな方々の参考になればと思います。

 

電子タバコに変えたきっかけ

大学生の頃から吸いだしたタバコ、もうかなりの年月が経っていますが、最終的に吸っていた銘柄は 「ウィンストン・イナズマメンソール・8」、元はハイライトのメンソール銘柄として売られていたものです。1mgタバコでは物足りないがセブンスターなどの所謂きついタバコでは無く、中間くらいのキツさでしょうか。メンソール感は多いタイプでした。1ボックスの価格は440円です。タバコ嫌いの人たちの迷惑にならない程度に吸っていればいいやくらいの感覚で吸い続けていたのですが、丁度1年前くらいからタバコを吸うと咳が止まらなくなり、喉の奥は常に痰が詰まっているような不快感(実際異様に痰が出ていました)何回か病院に通い、薬なども処方してもらったのですが、根本的な解決にならず、これは薬では無く喫煙の習慣を何とかするべきだなと考え始めました。ただ喫煙習慣というのは、所謂「依存症」、辞めては吸い、吸っては辞めてを繰り返していくうちに電子タバコという選択肢を思いついた次第であります。咳や痰の原因はタバコ、詳しく言えばタバコの煙を体に入れているから、ならまず煙を入れないところからリハビリしてみようと思いました。

COPD/慢性閉塞性肺疾患/タバコ病/せき・タン・息切れ

これから電子タバコの使用感のレビューをしますが、概ね8mgくらいの中間のキツさを持つメンソールタバコを吸っていた人間の感想だということでご覧になってください。ではまずiQOS(アイコス)から。

 

購入

使い方は後述しますが、使用するためはヒートスティックと充電器が必要です。スターターキットが定価で1万円位ですが、何かしらの値引きキャンペーンをやっています。(この記事を書いている2017年1月では3000円引きのキャンペーンをしていました)ただ最近はなかなか店頭で見かけないですね。街のタバコ屋では逆に「アイコス品切れ中」の貼り紙を多く見かけます。今は予約しないと手に入らないみたいです。自分が買った2016年5月頃は5000円引きのキャンペーンをやっていました。話題になってきた位の時期で、自分はコンビニ2件回って2件目に本体の在庫があり、その場で購入できました。確か割引クーポンを発行するために3分くらいのムービーを強制的に見させられた記憶があります。

www.iqos.jp

 

タバコ葉は自動販売機で見かけたことはありませんが、タバコを販売しているコンビニに行けば購入することが出来ます。価格は20本入のボックスで460円。ここは通常のタバコと変わりはありませんね。もちろんしっかりとレジで年齢認証もされます(笑)ランニングコストは個人差があるでしょうが、自分は大体1日1箱のペースです。ここは通常のタバコを吸っていた時と変わりありませんね。

 

使用感

「ヒートスティック」と呼ばれるスティック型の加熱器に専用のタバコ葉を挿入し、加熱後差し込んだタバコ葉から吸入して味わうという形。1本使用するごとに葉を捨てる必要があり、吸い初めの加熱時間に30秒、その後6分もしくは14回吸い込むとヒートスティックのランプの色が緑からオレンジに変わり強制的に終了。一度吸い終わったヒートスティックは再度充電を行う必要があります。再度使用するためには5分程度の充電時間が必要です。 

通常の紙タバコの人と一緒に吸っていても、吸い始めから吸い終わりの時間は殆ど時間は変わりません。逆にアイコス吸っている自分の方が長持ちすることもあります。(もちろん途中で吸い終わることもできます)煙は出ませんが、吐き出すときに煙のような水蒸気が出ます。

 

しっかり感じることが出来る「タバコ感」

味は煙こそ出ませんが、タバコ感はしっかりと味わうことが出来ます。喫煙者にしかわからない表現ですが、ニコチンを入れたくてたまらない時に吸い込んで得る「ガツンとくる」感です。単純に煙が好きでタバコを吸っている人にはわからないですが、ニコチンに対する渇きを解消する目的ならこれで十分です。8mgあたりの中間の軽さタバコを吸っていた自分にとっては丁度良かったです。1mgタバコを吸っているような方にとっては逆にアイコスは「キツい」と感じるかもしれませんね。あとアイコスが慣れてくると通常のタバコの煙感が非常に不愉快に感じてきます。あぁ・・これがタバコ吸わない人の嫌悪感なんだな・・と実感できるはずです。

 

臭い・周りの影響

煙が出ないので「煙たい」という感覚はありません。もちろん煙たがられることもありません。当然タバコ臭もありません。アイコスの葉を直接匂ってみるとタバコの臭いはしますが、焼いていないので煙ってこそ初めて出るタバコ臭ですからね。これが無いのは大きいでしょう。当然副流煙もありません。

ただ、完全に無臭と言うわけではなく、独特の「アイコス臭」があります。焼き芋みたいな、何か生の食料を熱処理した時に出るような臭いがします。この臭いをクサいと捉えるかは個人差がありますが、個人的には「タバコ臭よりマシ」ってな感じです。あと煙が出ないからといって車の中とかで吸うのはあまりオススメできないかな、臭い結構こもります。

 

色々故障は多いものの、対応は神レベル・・。

去年の5月購入から今までまだ7・8ヶ月くらいしか経過していないですが、充電ユニット2回、ヒートスティックは3回故障しました。充電ユニットのフタが閉まらなくなった、ランプが赤くなって充電できなくなった。ヒート部分の故障で2吸いくらいで終了する・・などなど。かなりの頻度で故障します。吸えなくなるとか、充電できなくなるとか結構致命的な故障です。あと使用するたびヒートスティックにタバコ葉の燃えカスのようなものがたまります。これを定期的に掃除しないと、全然吸った気にならないくらいタバコ感が弱くなったりします。

自分は自宅が大阪ということがすごくラッキーかもしれませんが、大阪には「アイコスストア」なるアイコス愛好者へのショップがあります。自分はこの「アイコスストア梅田」へ故障のたびに相談にいきました。こういう機器の故障に関しては「修理しておきますので1週間後にまたお越しください」やら言われるのかと思いきや、その場で即新しいユニットに交換してくれました。壊れるたびにこのアイコスストアに行きましたが、毎回この対応でした。さすがにこの対応は神と言わざるをえないでしょう。交換までに長時間待たされること無く、5分くらいじゃないですかね。アイコスはもちろんヒートスティックに専用のタバコ葉を入れて初めて嗜めることが出来るものですから、定期的にタバコ葉を買ってくれるユーザーを大切にしているんでしょう。ちなみにこのアイコスストア、東京、大阪、名古屋、仙台、広島、福岡にあるみたいですね。自分は大阪の梅田に行きますが、ここは店内が広くタダでドリンクが飲めたり出来ます。禁煙ですが、禁アイコスではありません(笑)

 

www.iqos.jp

 

 

※ヒートスティックや充電ユニットの着せ替えも出来ます。結構種類出てきましたね。

iQOS CAP 正規品 アイコス キャップ ロッソコルサ

iQOS CAP 正規品 アイコス キャップ ロッソコルサ

 

 

 

JTのploom TECH(プルームテック)レビューはこちら↓

chestnut002.hateblo.jp

 

※比較編はこちら

 

chestnut002.hateblo.jp

 

 

【癒されるというかムラムラくる感じ?でもジャズってそんなもんかも?】cure jazz:UA×菊池成孔 を聴きました。

音楽

 

アルバム名:cure jazz

アーティスト名:UA×菊地成孔

発売日:2006年7月19日(ビクターエンタテインメント

 

収録曲

01.Born To Be Blue

02.Night in Tunisia

03.Over the Rainbow

04.Music On the Planet Where Dawn Never Breaks

05.Ordinary Fool

06.溜息的泡

07.This City Is Too Jazzy To Be In Love

08.Luiza

09.Honeys and Scorpions

10.Hymn of Lambarene

11.I'll Be Seeing You

12.Nature D'eau

 

大晦日は実家で過ごすことが常、自分が大学卒業まで過ごした4畳ほどの自室は、幾多の年月を繰り返し人一人横たわることの出来ない完全なる倉庫状態に成り果てており、たまの帰省での数日間の滞在で、その倉庫を人間が生活できる状態に直すのはいささか億劫になる。両親と弟、1匹のポメラニアンが住んでいるが、その先住者が住みよいように元自分の部屋を倉庫状態にしているのだから、彼らの日常をたった数日のために壊したくない・・・というわけで、死んだ祖母が使っていた仏壇部屋のようなところに布団を敷いて過ごしている。ただその部屋はテレビアンテナが無いので、地上波放送を見ることができない。紅白歌合戦はそもそも見ないし、ガキの使いも最近は冒頭のバス移動あたりでお腹いっぱいになっているが、「見れない」前提の部屋はなかなか寂しいもんだ。

 

・・というわけで、今年はPCを買い換えたので、一台WindowsPCが余っている。これを実家に持って帰り、DVDを鑑賞することにした。その中の1枚、「機動戦士ガンダム サンダーボルト」、このアニメ、完全にファーストガンダムをリアルタイムで観てきたようなオッサンガンオタをターゲットにしたようなアダルトテイストなガンダム、事前に漫画で話の筋は押さえていたが、かなり良かった。まぁこのまま何が良かったかを語り出すとガンダムアニメのレビューになってしまうので割愛。

 

前置きがえらく長くなってしまったが、このアニメの劇中に流れるジャズ音楽、宇宙でのモビルスーツ戦に妙にマッチしてかっこよかったんですよね。ここで使われているジャズの音楽担当をしていたのが、菊地成孔さん。ほう、菊地秀行さんの実弟なんだ。吸血鬼ハンターDの作者ですね、TM Networkの主題歌結構好きだったぞ・・。と色々菊地成孔さんを調べていくうちにこのアルバムを発見。UAとコラボしてアルバム出しているんだ・・と。

 

UAと言えば日本人離れした顔立ちだけど、コテコテの関西弁でなんか親近感がわく女性ボーカリストamazonとかで今までのアルバムジャケットを見ていると随所にbjorkな雰囲気を出している。和製bjorkとか言われていても不思議じゃ無い感じですよね。bjork自身も様々なミュージシャンとコラボレーションしてきているわけですし、共に孤高の存在的な印象が強いですね。声質は似てなくも似ているとも言えるのかな・・どちらも音楽によって自在に着替えることができるボーカルスキルを持っているのでしょうかね。

 

さてこの「cure jazz」ですが、ジャズに対して特別に予備知識を持っていない自分でもどこか聴いたことがあるような、ごくごくその世界ではスタンダードなナンバーと彼らオリジナルのナンバーが織り混ざっているそうです。まぁ夏に聴けばきっと「チルアウト」って言葉が似合うアルバムなんでしょうね。夏の夜、浜辺越しのテラスハウスで聴くというよりかは、都会のビル群が似合う感じ。まぁこの記事を書いているのは元旦の真冬真っ只中なんですが、チルアウトというよりかは、体温を1・2度上げてくれるような高揚感を与えてくれる印象があります。UAの官能的な歌い回しが妙にエロティック。是非、間接照明だけにして年末年始の夜長に癒しのムラムラ感を堪能してみてはいかがだろうか。

 

レコメンド

tr5「Ordinary Fool」

UAの歌い回しと、まとわりつくようなピアノフレーズが妙にエロティック。自分は一人で聴いていますが、カップルで聴けば場の色が変わりそうな感じです。

 

tr9「Honeys and Scorpions

エゴラッピン的な感じの曲ですね。ナイトクラブのステージとか想像してしまいます。

 

 

 

  

 

cure jazz

cure jazz

 

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

【吉田カバン porter】iPhone7に機種変更したので、ケースも変えてみました。

ガジェット

去年の9月にiPhone6の分割払いが終わり、これで月々の支払が安くなるかと思いきや、ほとんどといっていいほど変わらなかったので、年末にiPhone7に機種変更してきました。ネットで色々調べてみてもオンラインでの購入を勧められていますが、自分は実際にショップへ行き、交換してきました。前回6に変更した時はオンラインで申し込んだんですけど、液晶に常時縦のラインが入る初期不良に見舞われてしまったんですよね。それからAppleshopで散々待たされるわ、フィルム1枚無駄遣いするわで、次交換する時は初期不良無いのを確認した上で受け取りたかったんです。(今回はヨドバシカメラソフトバンクショップで契約したけど、その時前回のような初期不良があったら、その場で交換出来ずApplestoreに行かないと行けないそうです。結局一緒ですね、結果何も無かったので良かったんですが・・)

 

iPhoneは4から使い続けていますが、発売直後にいつも交換していたので、ケースはいつもその時は、あまり種類が無く、選択肢がほとんどありませんでした。なので、選ぶケースはAppleの純正ケース。これが一番無難ですからね。ちなみに純正ケースは使い続けるなら暗めの色がオススメ。明るい色はすぐに汚れます。レザーのケースは洗えないし、すぐ汚くなっちゃいますので・・。まぁ数ヶ月単位でケースを着せ替えするような人は良いかもしれないですが、純正のケースは5000円くらいするので、出来る限り長く使いたいですよね。

 

 

今回の機種変更は7が出てから3ヶ月経過。iPhoneケースは未だ6専用のケースが主流ですが、7のケースも随分種類が出ていました。7用の純正のケースも良いですが、今回あまり6と7の見た目が変わっていないこともあり、新しいものに変更したリニューアル感、しかもiPhone7に変えた!という所有感を満たしてくれるようなケースを探すことにしました。

 

・・・ありました!正にこれぞというケースが。

Apple」のブランドロゴを覆い隠すなら、他のブランドで、しかもガジェット感があって、オシャレで飽きが来ないデザイン・・そう吉田カバン、porterですね。丁度いま使っている仕事用のカバンもporterということもあり、porterで良いケース無いかなと「iPhone7 ケース porter」でググってみると・・。

 

www.yoshidakaban.com

 

ほう、多少・・いやかなり値が張るがporterなら仕方ない。これを2年使うなら買ってみてもいいかな・・。む、通販で買えないのか、でも梅田に売っているのか、ヨドバシで機種変更して、その足でグランフロントでケースを買うかということで、いざ梅田に行ってまいりました。

 

年末ということもあってか梅田のソフトバンクショップは大盛況でした・・。3件位回ってみたのですが、グランフロント内のソフトバンクショップは「2時間以上待ち、ただ2時間でご案内できるとは限りません」、ヨドバシは「2時間くらい待ちが発生します」・・1時間なら待てるけど2時間は辛いな・・茶屋町にもう1件ソフトバンクショップがあるらしい・・そこに行ってみるか、ほう1時間待ちか、じゃぁ本屋にでも行って時間潰そうかな・・とそこで見積もり出してもらったのですが、希望の色が在庫が無いとのこと、年明けに入りますのでまた来てもらえますかとの声掛け、もう機種変更脳で来てるので、日を改めてはモチベーション下がるな・・ということで丁度2時間待ちだったヨドバシに行くと「在庫あり」とのこと。やっぱ大手家電量販店は違うな。(今回選んだカラーはジェットブラックじゃない「ブラック」です。ツヤツヤしているのは指紋つくし、あんまり好みじゃないかな、6の時は確かブラック無くてシルバーにしたけど)

 

・・・ということでiPhone7(128GB ブラック)&porterのケースをゲットしました。

 

f:id:puriketsudaimao:20170102041422j:plain

まずケースのケース。これめっちゃカッコいいんですよね。特に使いみちはないけど、これ捨てられねーな・・。

 

そして装着、本体のケースと蓋をつなぐプラスチックの棒・・これなかなか閉まらない・・1万円のケースだから絶対失敗出来ない・・これバキッと割ってしまったら激烈に後悔する・・この時はかなりの緊張が走りました。

 

f:id:puriketsudaimao:20170102041958j:plain

 

無事装着、会社支給のガラケーで撮影したので、なんかカッコよさが伝わらないな・・笑 黒とオレンジの配色がporterですね。本体もブラックだし一体感があります。撮影は下手くそですが、かなり良い感じですよ。オレンジの部分はフェルト素材になっていて、手触りは柔らかで良い感じ、ただ汁こぼしたら確実にシミになりますね・・ここは慎重に使わないと。

 

f:id:puriketsudaimao:20170102042119j:plain

通常時表面、関東のSuicaはApplePay対応ですが、関西はICOCAPitapaも未対応みたいです。自分はPitapaで通勤しているのでカードを入れようとしましたが、カードは全部収まりきりません。常時カードを入れておくのはちょっと躊躇しそう。まぁ多分入れてないだろうな。

 

 

f:id:puriketsudaimao:20170102042102j:plain

裏面、近づかないと見えませんが、porterらしいデザインに所有感満点です。前回使っていたケースがレザーだったので、置いた時に音がするのが難点、まぁこれはすぐに慣れそうだけど。

 

このセットで2年間iPhone7を使い続けてみようと思います。iPhone7のケースで良い物をお探しの方は是非。

 


人気ブログランキングへ

【キラキラオルタナサウンド】COLD DISC:ストレイテナー を聴きました。

音楽

 

アルバム名:COLD DISK

アーティスト名:ストレイテナー

発売日:2016年5月18日(ユニバーサル ミュージック)

 

収録曲

01.原色

02.シーグラス

03.Curtain Falls

04.Alternative Dancer

05.Dark City

06.DAY TO DAY

07.NO ~命の跡に咲いた花~

08.The Place Has No Name

09.Goodnight, Liar Bird

10.Force

11.覚星

 

ストレイテナーとは

1998年東京で結成、ホリエアツシナカヤマシンペイ日向秀和大山純ら4人組のオルタナティブ・ロックバンド。バンド名には「真っ直ぐにする人」という意味がある。

 

9thはスルメなアルバムでした。

特に彼らの音楽性を説明するまでもないですが、ボーカルのホリエアツシさんの一番のリスペクトはトム・ヨークなんですね。radioheadの方は初期作品と比べて音楽的に難解になっている感じはしますが、トムの美声は変わらないところです。美声ボーカルがバンドの魅力の一つという点ではテナーも同じところ。まぁホリエ氏がリスペクトしている部分はそこじゃないような気がしますが。

 

本作は1年7ヶ月ぶり、通算9枚目のオリジナルアルバム、もうそんなに出してたんですね。自分がこのバンドを知ったのが、FM802で「SIX DAY WONDER」がヘビーローテーションされていた頃、少し前にドラマの主題歌でテナーの曲が流れていたりもしていましたが、「SIX DAY WONDER」リリースの頃に知った人が多いんじゃないですかね。初期の作品から聴き返しても変わらない感覚なんですが、テナーのアルバムはどれも「良品質」です。「良品質なロックパッケージアルバム」なんです。なんか貶しているように見えますが、自分ではかなりの賛辞のつもりです 笑

 

御多分に洩れず、この「COLD DISK」もかなりの良品質。隙のない完成されたバンドアンサンブル、美声で美しいメロディ、安心して聴けるアルバムではあるのですが、初見の印象は「綺麗にまとまりすぎているな」という印象でした。自分はホリエ氏のソロプロジェクト、entもかなり好きで、もうすぐ新しいアルバムが出るのでテナーのアルバムを聴き返しているところ、「あれ?このアルバムかーなりいいんじゃねーの?」というわけでレビューをしてみました。サウンドスケープはとにかく「キラキラ」、女子力高いとかそういうキラキラじゃないです。メランコリックなメロディではありますが、陰鬱な感じではありません。初期の「traveling gargoyle」のような勢いで押すような曲ではなく、一音一音くっきり、ゆっくり、丁寧に聴かせるようなアルバムですね。あとかつてのギュイーンなギターの歪み感も薄らいだ感じです。どっちが良いとかでは無くてどっちもしっくりきます。テナーの場合は「今回はこういう感じで聴かせるんだな」という妙な説得力がいつもあるような気がします。

 

スルメなアルバムってあるんですが、聴きこむまでいかず、良さを発見できずに埋もれてしまうものってきっと多いんじゃないかなぁと思います。こういう再発見は宝物を掘り返した感がありますよね。

 

レコメンド

tr3「Curtain Falls」

テナー節炸裂です。ミドルテンポで心地よい耳障りの良曲です。アルバムには必ず1曲は入ってそうな曲ですが、この予定調和感が期待を裏切らないポイントです。「You and I」とか「Sunny Suicide」とか好きなら絶対気にいるでしょう。

 

tr5「Dark City」

これは疾走感ですね。これもある意味テナー節です。「Melodic Storm」とか好きなら是非って感じの曲。アルバム「Nexus」あたりに入っていても全然違和感無い感じ。サビの一旦ドラムのアタックが半分になり、スピード感を揺らつかせて、すぐさまスピードを乗せる感じがたまらないです。

 

tr10「Force」

もうこれまでのテナー集大成って感じ。バラード調の入り方から、徐々に疾走していく感じ。んーうまく例えられないな・・・。もう自分の中ではストレイテナーは例え元な域まで来ている感じなので。「ストレイテナーみたいな」とかね。

 

 

 

 

COLD DISC(通常盤)

COLD DISC(通常盤)

 

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ
にほんブログ村

ブログ更新しないまま1週間くらい経ってしまいました。

雑感

ちょっと中断していました。

 

年内に終わらせたい仕事が積まれていたのはありますが、これを理由にするのは言い訳。朝から夜まで会社に行っていたとは言え、しっかり休日は休んでいたし、しっかり有馬記念の馬券も買っていますし、クリスマスイブもしっかり歯医者予約して、しっかり渋滞に巻き込まれましたからね(笑)結構、確信犯的にブログ更新をサボっていたような気がします。

 

1週間ほど放置して、諸先輩方々がブログのススメ的なサイトでアドバイスされていることが何となくわかったような気がします。別にこのブログがバズったとか、アクセスが異様に上がったとか、アフィリエイトで儲けたとか一切ありませんが・・・。ですのでこの記事は成功者からのアドバイスとか困っている人へのメッセージとか、自分が他の誰かにレクチャーするというものではありません。何の参考にもならないかもしれませんので悪しからず。

 

とにかく感じたことをそのまま文章にしてみたり、好きな音楽をレビューしてみたり、自分が買ったPCの開封の儀なんかを文章にしてみたのですが、仕事での愚痴をブログに書いてみると、これって誰得?とか余計なこと考えてしまって嫌気がさし、次の記事に進むことができませんでした。やっぱ物事続けるなら、何らかのモチベーションを持って取り組んでいかないといけないですね。ただ11月末からブログ始めてアクセスが短期間で急速に上がるなんて稀でしょう。自分は凡人ですし、気長にやっていこうと決めました。とにかく記事数をコツコツ増やして財産にしていこうと思います。

 

あと無理に毎日絶対記事を更新しようとか、気負いすぎてもダメなんでしょう。自分に負荷をかけない程度の目的意識で良いんじゃないですかね。頭にネタが湧き出る時もあるし、乾ききっている時もあるし、無理矢理ネタを引き摺り出して更新することはないと思います。愚痴も言いたい時はあるけど、それはカテゴリー「垂れ流し」にまとめることにしました。

 

まぁそれでも嫌気がさしたら辞めようと思います。昔一生やってるんじゃないかってくらいハマったゲームの登場人物がこう言っていましたし・・。 

いやならやめてもいいんじゃぞ/FF11用語辞典

 

 

最後にいつも使っているChromebook Flipではなく、実家に持ち帰ったMacBook Proで記事を書いてみました。MacBookは完全に自宅用だと言っていたのに有言実行できない自分がもどかしいですね(笑)やっぱケース買おうかな・・。