読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好奇と羨望の眼差し

思いつくままにだらだらと。音楽レビューとか色々好き放題に。

【もはや様式美ポストロック】Requiem For Hell:MONO を聴きました。

 

アルバム名:Requiem For Hell

アーティスト名:MONO

発売日:2016年10月14日(Hostess Entertainment)

 

収録曲

01.DEATH IN REBIRTH

02.STELLAR

03.REQUIEM FOR HELL

04.ELY’S HEARTBEAT

05.THE LAST SCENE

 

MONOとは

1999年東京で結成、4人組のインストルメンタル・ロックバンド。結成当初よりグローバルに活動を展開。 世界トップクラスのNYCのレーベルTemporary Residence Limitedより、これまでにオリジナル フルアルバムを6枚ワールド・ワイド・リリースしている。

 

寒空の下、さらにクールダウンさせる情熱のロックサウンド

「ポストロック」の枠組みの中だけでこのバンドを語るにはあまりにも唯一無二な存在。これまで一貫してMONOのサウンドスケープは寒空、雪が降り積もる荒野で一人佇んでいるような孤独な風景を思い起こされます。静から動へ徐々に向かっていく過程に高揚感を覚えるものの、音全体に染み渡っている冷たさが相反して様々な感情がこみ上げてくる・・そして最後に迎えるカタルシス・・褒めすぎでしょうか 笑 とにかく大好きなバンドなのです。

 

本作は十数年のキャリアから数えて9作目のアルバム。プロデュース、リミックス、録音は御大スティーブ・アルビニが担当、この出会いがMONOのサウンドに新たなケミストリーを起こしています。うん・・確かに爆発するあたりにmogwai的な音のザラつきを感じます。「IN UTERO」で魅せられた以来、本当この人が創る音には裏切られたことが無いです。・・かと言って前述の通り本作もMONOの本筋は変わらずに独特な冷たさと、このバンドでしか味わえない静と動のうねりを堪能することが出来ます。

 

レコメンド

tr3「Requiem For Hell」

タイトルトラックですね。ギターのアルペジオから始まり、徐々に音が重なっていき、ボルテージが高まり、最後はめくるめく音の洪水が押し寄せる・・MONOの鉄板パターンです。ある種の様式美を感じさせるほど完成されたバンドアンサンブルを聴かせてくれる曲です。

 

tr5「The Last Scene」

自分は死んだら地獄に行くだろう、地獄で抜け出せない永遠の苦しみを味わう前にせめて、一時の安堵を与えて欲しいーーこんな感じだろうか。終始一貫して「癒やしと寂しさ」を感じさせる音の広がりを感じさせます。ギターの旋律がとにかく美しい・・。

 

 

レクイエム・フォー・ヘル

レクイエム・フォー・ヘル

 

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 音楽ブログ ポストロックへ
にほんブログ村