読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好奇と羨望の眼差し

思いつくままにだらだらと。音楽レビューとか色々好き放題に。

【極上長湯サウンド】ISOLATION:Spangle call Lilli line を聴きました。

 

アルバム名:ISOLATION

アーティスト名:Spangle call Lilli line

発売日:2008年9月24日(Felicity)

 

収録曲

01.inc.

02.roam in octave

03.it remains to be seen

04.quiet warp

05.perspective

06.Russian Gorhic bold

07.short films

08.an

 

Spangle call Lilli lineとは

1998年結成、メンバー全員がデザイナーやカメラマンなど音楽とは別の仕事を持つ。どこか気だるげな、浮遊感漂う大坪のボーカルとやわらかくみずみずしいサウンドを特徴とする。アルバムごとに様々なジャンル、ルーツが見えるが、ポストロックとカテゴライズされているようだ。

 

とても「ピアノ」な長湯アルバム

「ポストロック」と言われて自分が思い浮かぶのは、海外ならTortoiseGodspeed You! Black Emperor、日本ならtoe、LITEあたりのバンドで、いわゆるインストバンド。ボーカル無しでやたらとドラムが上手い・・(ちょっと短絡的か 笑)まぁこの手の音楽は好き好んで聴きこんではいるのだが、今回のSpangle call Lilli line、特にこのアルバムに関しては上記のポストロックな印象は特に感じず。まぁポスト〜とかオルタナ〜とかのジャンルはジャンルがあってないようなもんで、無理やりカテゴライズするための便利呼び名でもあるので、深くは掘り下げないでおきます。

さて、この「ISOLATION」ですが、一言で言うと「やっと出会えたお風呂アルバム」自分は換気扇、電気を消して長時間湯船に浸かり体を温めるという行為を2日に1回行っているのだが、そんな長湯の共に最適なアルバムです。風呂場の中なので、ピアノが響く、大坪さんの若干ハスキーなボーカルがそのピアノに乗り、湯にも浸れるし、音像にもどっぷり浸れます。非常に心地よい。寝る前はenyaのようなα波飛びまくってる方が良いが、こちら風呂場にピッタリ。防水スピーカーをお持ちの方は是非。「ピアノが美しい 女性ボーカル」で検索したら一番上に出てきて欲しいアルバムですね。

 

レコメンド

ピアノ感が全面に出ている3曲をピックアップ。

tr1「inc.」

このバンドのボーカル、かろうじて日本語だとわかるけど、歌いまわしが英語みたいな感触です。ダイレクトに歌詞が入ってこない、ひとつの楽器として歌が存在している。そんな感じ。誰もいないオフィス街のビル群を挟み、夜空を眺める・・そんな風景が浮かびます。(聞いているのはお風呂ですが 笑)

 

tr2「roam in octave

ピアノとボーカルが優しく重なり、ストリングスとドラムが包み込むように途中から入ってきます。こちらも美しく、かつ都会的な風景を感じ取ることができます。

 

tr4「quiet warp

ミニマルなピアノフレーズとキラキラしたエレクトリックサウンド。前述2曲がロック寄りならこちらは少しエレクトロニカな雰囲気ですね。

 

ISOLATION

ISOLATION

 


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村